子宮筋腫発覚から子宮全摘を決意するまで

子宮筋腫 ミレーナ装着から1年9ヶ月 ミレーナが外れていることを確認

(この記事は2014年〜2016年の記録を元に2018年に書いています。)

こんにちは、るいです。

前回の記事が、ミレーナ装着から11カ月。一般医(GP)や専門医との予約も取らず10ヶ月も過ぎてしまいました。

この間、生理期間は毎月7日〜10日ほど、経血量が多いのは2日間くらい。

胃のお薬は自己判断でやめ、鉄剤摂取を続け、生理初日から3日は止血作用もある鎮痛剤Ponstanをとってきました。

そして、仕事を辞めました。退職の主な理由は別件なのですが、過多月経による疲労感・倦怠感・動悸も強く不安になること多々、限界でした。今後は在宅ワークをする予定です。

環境を変えながら、ストレスが少ない生活をすれば体調も良くなるかな…と。会社勤めをしていなければ、過多月経でもそれほど不便を感じずに済んでいました。食生活に気をつけて鉄分が多く含まれる料理を作って、いつでもトイレに行けるし、予定も自分のペースで立てられ、調子が悪い時は休んでいられる。でも、ミレーナ装着して2年近く経つのに、過多月経で鉄剤を摂り続けて、それでも月の半分くらいは疲労感でしんどい…このままではいけない、ミレーナから次の治療法に移らなければ、とは常に思っていました。

そして、盲腸になってしまい緊急入院・手術をすることに。痛みが盲腸なのか、ミレーナが子宮壁を貫通したのか確認するために、超音波検査、レントゲンを撮りましたが、ミレーナは確認されず。盲腸の手術・退院後、再度一般医で超音波検査とレントゲンを撮りましたが、ミレーナは確認できないまま。ミレーナ装着をした私が苦手な婦人科専門医に診てもらうようにとのこと。

このドクターとはもう会いたくないと思っていたのですが、しょうがない。予約をとり会ってきました。再度、超音波検査とレントゲン撮影(これで3回目ですよ!多過ぎじゃないですか?)、ミレーナは外れているとの診断。ほらね〜、ミレーナ装着後5年間チェックは必要ないと言ったのは貴方ですよね?少なくとも年に一回チェックしてたらいつ外れてたか期間を絞り込んで予想がついたのに…と怒りが爆発しそうになりましたが…抑えて。

レバー状の血の塊と一緒にミレーナが出てきてしまうのは良くあること、粘膜下子宮筋腫のせいでミレーナの効果が期待したより出なかった(月経量が激減、なくなることがなかった)。この時、ミレーナ装着前は提案されなかった、「マイクロ波子宮内膜アブレーション」という選択肢があると説明されました。私がミレーナを装着した時(2年弱前)にはこの治療法は一般的でなかったけど、現在は広く利用し始められているのでお勧めできると。ネットで、この治療後、激しい痛みが残り、結局子宮全摘をすることになるというレビューをいくつか見かけて、その件に関して質問したら、痛みは手術直後だけです、と。まあ、「マイクロ波子宮内膜アブレーション」を受けるとしても、このドクターではなく、他のドクターにお願いすることにします。

【過多月経対策】に私が愛用して随分と助けられていたのは、このサニタリーオーバーパンツ・ボクサータイプ。155センチ、53キロくらい、下半身ぽっちゃり型なので、私はLサイズでちょうど良かったです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください